『引き寄せの法則』関連本、書籍。

ディーパック・チョプラ より






『人生に奇跡をもたらす7つの法則 著)ディーパック・チョプラ』ポイントをまとめました。

●あらゆる結果をどう受け止めるか
もし私があなたを侮辱するとして、おそらくあなたは傷つくことを選ぶでしょう。もし私があなたを褒めるとして、おそらくあなたは喜ぶことを選ぶでしょう。でもよく考えてください。それは、選択なのです。
あなたは、傷つかないこと、喜ばないことを選択できます。

●自分の見方を他人に強制しない
まわりの人を観察してみると、自分のものの見方を防衛するために持ち時間の99%を費やしていることがわかるでしょう。もし自分のものの見方を防衛したいという気持ちを放棄すれば、それによってそれまでは浪費されていた驚くべき量のエネルギーを手に入れることになるのです。
防衛的になり、人を責め、今の瞬間を受容せず、手放していないと、あなたの人生は抵抗にあいます。

●結果への執着を手放した時、望みがかなう
『執着しないことの法則』は、物質的な世界で何かを得るには、それに対する執着を捨てなければならないと告げています。自分の願望や意図ではなく、結果への執着を手放すのです。
執着しないことは、自分の本当の“自己”の力への疑いのない信頼に基づいているからです。
それに対して執着は、怖れと不安から来ており、そして安全さへの切望は真の“自己”を知らないことから来ています。


“引き寄せの法則”人気ブログランキングはこちらです(^-^☆

今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せ。ダウンロード版:1万円





3・11は人工地震






真偽はわかりませんが、備忘録として残しておきます。

『さあ、宇宙人の声を聞きなさい 中丸薫』より

——ここから———–

アメリカに言われて、核爆弾を自衛隊が作らされた。
3人ずつ5組の15人が核爆弾を作って、その核爆弾が8個、東北のあの辺に同じ経度のところに10キロの深さに埋められた。

自衛隊15人のうち14人はもう抹殺された。1人、クリスチャン牧師のところに逃げ込んだ人が全部告白した。そういうことに使われるものとは知らず言われるままに作ったと告白してその人は今、ロサンゼルスに匿われているそうです。

その後、名もないイスラエルの会社に原発の管理を任せた。2人の日本人がイスラエルに3ヶ月ぐらい研修に行っていて、帰ってきて、最後、津波があってからの操作はわざと誤作動を起こすようにして逃げた。酒場か何かでゲラゲラ笑いながら「みんなやられるよね」とか「浴びちゃうよね」とかワアワア言っているのを酒場のオーナーが不審に思って告発した。その2人も殺されている。

地震3日目にヒラリークリントンがやってきて「おカネを出しなさい。出さなかったらもっとやるわよ。富士山も」と管首相を脅して、50兆円持っていったそうです。管さんは自分の官邸に帰って号泣したと言っています。

——ここまで———–

「3・11は人工地震」とか「9・11はアメリカの自作自演」
など、さまざまな憶測がありますが、どうなんでしょうね?

これらは主に『お金』が目的のような気がします。
そうであるならば早く『お金』のシステム、金融システムが崩壊してくれることを祈りたいです。
仮想通貨はその前哨戦なのですかね??


“引き寄せの法則”人気ブログランキングはこちらです(^-^☆

今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せ。ダウンロード版:1万円





運は操れる メンタリストDaiGo 






『運は操れる 著)メンタリストDaiGo』

DaiGoさん本人は”引き寄せの法則”を否定なさってましたけど、本に書かれていることは僕からすると共通しているなぁ、という感想でした。

ポイントをまとめました。

 

●「最初はグー」のジャンケンの勝ち方
「最初はグー」で手をグーの形に固めます。そして「ジャンケン」の掛け声で手が上がります。そのとき、相手の指先が動いていれば、こちらはジャンケンのチョキを出し、動かなければパーを出すのです。

●統計学は明確に、運/不運の周期や運気の流れを否定しています。
オンラインカジノでプレーするギャンブラー達を観察しました。
・多くのギャンブラーは2回続けて勝った時点、つまり、波が来たと思った時点で、「次は負けるのではないか」と不安になる。
・その不安のせいで、連勝したギャンブラーはそれ以降、負けにくい安全な賭け方をし始める。結果的に、大きな負けを破る可能性が低くなり、勝ちが続いているように見えやすい。
・一方、負けたギャンブラーには「負けたぶんを次で取り戻そう」という心理が働き、焦りとともにリスクの高い賭けをし始める。その結果、どんどん負けが込んでいき、ツキがないように見えてしまう。

つまり、ギャンブルの勝ち負けは、目の前にある結果に対して、本人がどう判断し、行動したかによって決まっていくのです。

続きを読む